電話での問い合わせ

ペットの長期預かり、介護、夜泣きで困った時はご相談ください。

老犬ホーム トップは、自然豊かな環境と、広々としたドッグラン・犬舎で24時間体制のケアを行っております。

Feature image
栃木犬舎オープン

栃木県に新しい老犬ホームがオープンしました。

Feature image
夜泣きを止めるには

その夜泣きは認知なの? 認知初期症状の見分け方

Feature image
料金案内&詳細

1泊から、長期までお預かりします。

Feature image
スタッフ紹介

老犬ホーム トップの特徴&スタッフ紹介

わんこブログ (写真かタイトルをクリック) 

Post Image

ひっくり返ってます!

最近はモグくんだけではなく、ジュジュちゃんもよくひっくり返ってます! ソラくんの写真を撮っているとみんなが寄ってきてにぎやかになりました。 モモちゃんはたいてい誰かの近くにいます。 モグくんはいつもそばにいてくれるので写真を撮ると毎回同じような感じになります… リリーちゃんもドッグランを満喫するようになってきました。 Read More
Post Image

やっぱりだめか~~~;;

今日は・・面会DAYでした・・ いろんな人に、おやつ貰ったり遊んでもらったり・・みんな一日中楽しそうでした。で・・ こたろうと、ごんちゃん・・どちらも自由にできていて、お客さんに甘えまくっていましたが!! 喧嘩の原因は・・トントンになったので・・トントンがお部屋へ戻されてますみんなに喧嘩売らなきゃ、一緒にドッグランに入れるのにねー さてさて・・先日嫁が誕生日だったので、今日は馬筋とホルモンを煮込んで、シードルで、乾杯です お酒は、まったく飲めない下戸なのですが・・嫁も、子供も、これジュースだよ!! アルコール2パーだしというので、、一口・・おおーージュースだ! 酎ハイと違って、割りものじゃないから飲めるかも! という感じで、コップ一杯だけ飲みましたが・・やっぱりだめでした―――;;速攻寝込んで・・その後も頭痛に悩まされるという・・やっぱりお酒はだめですね・・_| ̄|●il|li Read More
Post Image

何かとバタバタ・・

一昨日から、熊本に帰っているのですが・・すげーバタバタしていて、写真もあまりとれていません・・バタバタしている理由の一つとして、久々に男性スタッフが入ったので、一から教えています。 まだ19歳なので、超かわいいです。とりあえず、実習期間として頑張ってもらいます。まーこの老犬ホームという仕事は、イメージと、仕事内容のギャップが大きいのか、思ってたのと違う(思っていた以上にハード)と言われ、続かない人も多いんですが・・イメージとして、高齢のわんこ達と、わちゃわちゃふれあう感じを想像している人が多いんですよね・・現実は、毎日、お部屋の掃除や、うんこ拾ったり・・ドッグランへの往復・・がメインで、毎日大量の洗濯を洗って干して・・と、わんこ達が快適に生活するための環境を作るのが仕事なので、わんこと遊ぶ時間も少しはありますが、お掃除がメインの仕事なんですよね・・病気の事など覚えることも多いし・・まーそんな中で久々の若手の男の子なのですが、ハキハキしているし、挨拶もきちんとできるし頑張ってもらいたいです。 プードルたちが・・・また真っ黒になってる・・というか柴犬率が上がってきてますね・・栃木ほどではないですが、柴犬がたくさん・・ 最近やっと外に出てきてくれるようになりました。 食事の補助も、ただ、口の前に持って行ったら食べてくれるわけではないので、結構技術が要ります。 ゆくゆくは・・夜の見回りも、少しやってくれるととても助かるなーとか、まだ早いか・・ 寝ているように見えて・・実は起きてるマロン・・わざと寝たふりしている時もあります 目は開いてるし・・目で追ってるし・・この後トイレ行くよ――――!!!ってたたき起こされてトイレに出ました。 Read More
Post Image

のんびり過ごしてます

最近は、過ごしやすい気温なので1日中ドッグランでのんびりしています。 リリーちゃんだんだんと慣れてきて、柴ちゃんたちとの距離も縮まってきました。 ドッグランの中で草むしりをしていたらこんなに可愛いこと(膝にあごがのってます!)をしてくれたモモちゃん。 草むしりを中断していっぱいなでなでしました♪ 久しぶりに晴れたのでみんな気持ちよさそうに日向ぼっこしていました。 気持ちよくても砂利の上ではくつろがないソラくん。 眠たそうなジュジュちゃんとモグくん。 Read More

いい老犬ホームの探し方

定期的に、協会あてや、うちに(どっちに掛けても私が出るんですが・・) 近くで、信用できる老犬ホームを教えてください!いい老犬ホームを探しています! っていう問い合わせがあるのですが、これが、一番難しいんですよね・・そもそも、老犬ホームが増えてきたとはいっても、まだ各県に2~3施設位なので、住んでいるところの近く!というのが難しい・・同じ県内でも、車で1時間以上となると、『遠い』ってなっちゃうし・・それよりも、一番に考えなければいけないのは、 ちゃんとした老犬ホームなのか? ってところなんですが・・そのちゃんとした?の定義もまだ確立されてないので難しいんです。 ましてや、最近増えているホームは、一戸建ての一室を利用した、アットホームな老犬ホーム? 小規模老犬ホームがめっちゃ増えていて・・もう、いっぱいあるようですが、全然把握しきれません なので、私のアドバイスとしては、抑えるポイントを決めて話を聞くことを進めています。 1・情報公開がされているか? これは、老犬ホームのHP等に、きちんと自前の写真が載っているのか? 施設の概要、中の写真、運動場等々わかるか? どんなところで預かってくれるのか?ちゃんと見せれる施設を選んだ方がいいと思います。 (今は、写真は買うことができるので、上品な高齢者が、かわいいわんこを抱いている写真とかだと、ちょっと怪しい・・) 2・病気の知識等があるスタッフがいるのか?介護はちゃんとしてもらえるのか? 今は元気でも、高齢のワンちゃん・ネコちゃんは病気になるリスクが高いですし、慢性的な 腎不全・肝硬変・心臓病・甲状腺等ホルモンの異常 等々、少しづつ悪化していく病気もありますが、何でもかんでも、『提携の動物病院で見てもらいます』だけだと怖いですよ・・病院に行く基準が分からなければ、気が付いた時にはどうにもならない・・なんてこともあるので、病気の事や、老化の事などしっかり話を聞いた方がいいと思います。年間、数頭、ほかのホームで、何もしてもらえない・・という理由でうちに変わってくる子がいます(他には、病気の対応がしてくれない等・・) 3・面会は自由にできるのか?と面会や預けるときに、自分の子が生活しているスペースを見せてもらえるのか? これも、情報公開に近いですが、面会が出来ない施設や、預かっている場所は見せてもらえない施設もたまにあります・・面会のお部屋はきれいでも・・住んでるお部屋は・・???ってこともあるので、ちゃんとどんなところで管理されているのかは見た方がいいと思います。※ 食事や夜の隔離に、ケージやクレートを使うことは当たり前です。ケージやクレートに入れられることを全否定する方は、老犬ホームのみならずペットホテルも預けることは無理だと思いましょう。(入れっぱなしと、隔離や就寝で入れるのは別問題です) 4・預かっている様子が分かるサービスはあるのか? 預けている大事なペットが、毎日どう過ごしているのか?毎日は無理でも、週2回ほどでも、ブログやLINE等で様子が分かるのか?というのは一つの判断材料だと思います。入院等で会いに行けなくても、安心できますよね。もう一つ、小規模ホームの場合、実際は昼間働きに行かれていて無人だった・・というケースもあります(協会に来る苦情でたまにあります)LINE等で、リアルタイムにやり取りできれば、判断材料にはなると思います。 5・一番大切なのは、運営しているスタッフみんなが、わんこやにゃんこが好きかどうか?この一言に尽きると思います。 まーきれいな部分ばかりではないので、私自身 『こら―――!!』って大声上げて怒ったり、朝一うんこ付けられて、ふ・ざ・け・る・な―――ハゲー(はげは言わないw)って言ったりしてますが、病気で弱ったり、亡くなったり・・いい事ばかりじゃない仕事なので、どんな人が運営しているのかはしっかり話を聞いた方がいいと思います。 まー選ぶ基準としては、この五つ位です。(当り前じゃね?)って思うかもしれませんが、この当たり前が出来ていないホームが実際多いんです・・ と、まー長くなるので今日はこのくらいで‥ 次は、大規模ホームと小規模ホームのメリットデメリット等を書いていきます。 Read More