自宅がいいのか施設がいいのか・・

今日は、先日お預かりしたノアちゃんがおうちに帰りました。

DSC_5968
お預かり時に、飼い主様の愛情と、夜泣き等による介護疲れのバランスが崩れていることもあり、1週間ほど預かってから今後を考える事にしていましたが、ノアちゃんの様子を1週間みてきて、今のままで行けば、もって2週間~1ヶ月だと判断し、家族で最期を迎える事が出来る選択肢を考え、家に帰るという提案をしました。

いつも、最後は家族のところでがいいなとは思っていながらも、最期を予測するのがとても難しいことと、亡くなるまでの介護が発生することが一番悩むところです。

飼い主様に、残りの余命を伝える事で、とても悲しい思いをさせてしまう事がとてもつらいのですが、老化+病気となると寿命を延ばすことはとても難しく、どこまで治療をするのか?と言った問題も出てきます。

人間側が望めば、獣医さんは、どこまで効果があるかわからないサプリメントやお薬をどれだけでも出してくれますが、どこまで効くかはわからないんですよね・・・

私たちはあくまで客観的に見て、お世話をする(介護をする)というスタンスを貫かなければいけないと思っています。

もっとこうしてほしい

かまってあげてほしい

と思われているだろうなーと言う場合や、

この子にはこうしてあげるといいのになー
こういう治療が出来たらなー

と思う事があっても、してあげれなかったり、出来なかったりと言う事も多いですね・・

自宅で介護するのがいいのか・・お預かりして、最期を看取る方がいいのか・・

ほんと難しいなーといつも思います。

自宅がいいのか施設がいいのか・・” に対して1件のコメントがあります。

  1. 難しい選択ですね~。 こんな時、トップさんのように専門の知識があって
    客観的な判断ができる方に相談できると、とても心強いです。

    ノアちゃんのご家族も、一週間の間に疲れもとれ今後の事も考える時間が出来て、
    貴重な時間を過ごされたのではないでしょうか。

    老犬に対するペットクリニックの考え方は、本当に様々のようなので、
    これからは人の時と同じように、いくつかのクリニックで気軽にセカンドオピニオンが
    とれるように変わってくると良いなぁと思います。

    ノアちゃん、おうちに帰って飼い主様にいっぱい甘えて過ごしてね。

コメントは受け付けていません。

前の記事

雨の日の様子

次の記事

ハルちゃん永眠