電話での問い合わせ

Home » 日々の様子 » 捨て犬への対応・・

捨て犬への対応・・

昨日の夜(結構遅い時間)、警察から電話があり、
『お宅の入り口の前に犬が放置してあるのですが、逃げたりしていませんか?』
と連絡がありました。(栃木の方・・)

あーーとうとう来たか――

捨て犬!!

かなりの老犬で、うちの入り口付近に置かれていたそうです・・(うずくまっていたそう・・)

まー栃木の犬舎は、入り口から、犬舎と事務所(自宅)まで200メートル以上あるので、入り口付近の出来事は全く分かりません

自宅はこの手前、犬舎はさらに奥なので、入り口まで歩くのも結構あります

前日、当日、問い合わせの電話で、なんとなく怪しい感じの電話もあったので、あれかなーとかいろいろ考えましたが、まーよくそんなことができるなーと思います。

ちなみにですが・・熊本も含めて、うちに捨て犬をされた場合は、そのまま保健所へ連絡します。(昨日は深夜だったので警察が保護したものと思いますが・・)
批判もあると思いますが、老犬ホームとしての理由も書いておきます。

なぜかと言うと、

・ どんな病気を持っているか分からないから
 飼い主様からたくさんのペットをお預かりしている以上、病気を入れるリスクが一番怖いです。 喧嘩をする犬が居ても隔離すれば何とかなりますが、コロナウイスと一緒で、病気は目に見えないので伝染病・感染症・ノミ・ダニ等に限らず、寄生虫も含め、病気の持ち込みが一番怖いです。
高齢の子の場合、病気で一気に全滅というのは最悪なので、知らないわんこを入れるのはリスクでしかありませんね。

・保健所が引き取らなくなる
 保健所は、一度でも預かると、なんだかんだ言って、引き取ろうとしません。
これは全国的に同じです。 捨て犬を、2~3日保護して保健所に電話したら、そのまま保護してください、って言われたことがある方も多いと思います。
私たちのような飼養施設の場合、数頭入れておくスペースがたくさんあるのは保健所も分かっているので、そのまま飼育してくれと言われます・・

・預かっている飼い主様と、わんこ・にゃんこに失礼だから
 老犬ホームは、人間でいう、有料老人ホームです。
飼い主様から料金を頂くことで、快適な環境や介護を行っています。
ここに無料の子が来てしまうと、おかしいです。どこまで介護するの?治療するの?という問題も発生します。

日本の、命を最後まで助けないと悪者扱いする風潮のために苦しんでいるボランティア団体もたくさんいます。
寄付も集まらないなか、手出しで、治療やをされている方もたくさんいますが、お金が無いからそのまま最期を迎えるというのを公表したりすると、SNS等ですごいバッシングを受けたところも知っています。

本来は、飼育放棄した方が一番悪いのに、ペット業界だからボランティアで預かれと言われることも多く、まー何かおかしいんですよね・・

捨てる人が出るから、殺処分があるから、そういうのはペットを売っているショップが悪い! 繁殖したブリーダーが悪い! と、新聞等の報道では言われますが・・


最後まで飼えないのに飼う人が一番悪いんじゃない?
夜泣きするから、老化での介護が大変だから、ただで預かって!
って電話かける人がおかしくない?

と思ったりします。

お金はかかりますが、ペットのデイケアや、老犬ホーム、飼い主に健康的な不安がある場合は、飼い主にもしもの時のためのペットの保険等も充実してきました。
せっかく15年近く一緒に過ごしてきた子を、置き去りにするなんて・・それくらいの愛情だったのかなーと悲しくなりますね・・

Comments are closed.