大型犬の介護・・・

今日は、朝から湯布院まで温泉に・・・

だったらいいんですが・・・_| ̄|○

大型犬の介護について行ってきました。湯布院では無く・・由布市の方ですが・・

DSC_6165

DSC_6168
バーニーズのおじいちゃん・・・
推定ですが・・体重が40キロ以上あるかなー

獣医さんにも安楽死を進められたと言う事で、これからどうすればいいか・・と言う事でしたが

こういったケースが一番難しいですね・・

自宅で最期まで見るのが一番の選択肢だとは思いますが、女性にはこの体重の子を毎日抱えてお世話をするのは無理がありますし、現状の飼い方(外飼い)は、衛生的にもこれからの寒さもかなり無理をするのと、衛生的にこれからどんどん悪化していくのが分かっているので、まずは綺麗にしたうえで室内に入れなければ大変なことになります。

私たちが預かった場合は、きれいにして、他の子たちと同じように室内で管理しますが、この子の年齢、立てなくなるまでの推移(老化の推移)、床ずれ等の現状から推測しても

2週間から1ヶ月というのが残された時間だと思うんです・・

残り短い時間を預かった方がいいのか? 飼い主の元で天国へ行ける事が幸せなのか?
他の老犬の相談でもですが、悩むんですよねー

ほんと老犬を取り巻く状況って難しいなーと感じます。。

帰ってきたところで、ジャッキーちゃんとジュン君の面会でしたが
DSC_6173
ジャッキーちゃん・・本当にお利口になって・・

心を鬼にしていじめたかいがあったよ(笑)

DSC_6176

DSC_6174
ジャッキーちゃんところから頂いたパンをみんなにおすそ分け中・・・

DSC_6179
寒くなってきたので、エクちゃんとルナちゃんはヒーターの下から離れません・・・(エアコンもついているので部屋は結構暖かいんですけど・・)

DSC_6180
あ・・・・口輪してたらパン食べれないね・・・ ぷ~ちゃんには、夜のお世話の時にこっそりあげるね。

DSC_6181
ジュン君は・・面会終わった後はいつものように寝てます・・・

DSC_6162

DSC_6161

DSC_6160
このところ昼間も寒いので、わんこ達もドッグランに出ても、すぐに『帰ろう~』と入口に集まります。

DSC_6159
ゴン太くんも誰とも喧嘩しないようで一安心です

DSC_6182
足腰が一気に悪くなったリキ君・・・昔はブラッシング等一切させてくれなかったのですが、弱ったからなのか怒らなくなりました。
ブラッシングして、きれいにしてあげたら、白くてとってもきれいなわんこでした。
ただ・・後ろ足に大きなしこりが出来ているので、これが痛くて立つのが厳しくなっているようです。
ここ2日ほど、抗生剤を与えたところかなり歩くのがスムーズになったのでこの腫れもののせいだねー・・

前の記事

ゼファーちゃん永眠

次の記事

サム君預かり