日々の様子

夜景もきれいです。

桜が満開ですね。

毎年書いている気もしますが、夜景もきれいです。

3月31日4月1日まで桜は持つのか?? と危惧しましたが、雨はないようなので何とかなりそうですね。
今年は、例年より早くお弁当の締め切りだったので、今日お弁当の注文を終わらせてきました。

時々、お預かりしているワンコについての相談で、比較的年齢が若い子において、しっかりかわいがってくれる方がいる時に、里親としてもらってもらう事はできないかという相談があります。
今まで何度も受けているので、特別なことではないのですが、とても難しい問題なので、書くことにしました。

結論から言うと、里親に出すことも、うちにずっと居ることも、どちらもいい面と悪い面があるのでどちらがいいとは言えないのが難しいところです。

比較的若いこの場合、飼い主様の気持ちとして、『うちの子だけをしっかりかわいがってほしい』という気持ちがあるのは当然ですし、そのために、(治療費や養育費といった)支度金をもたせてあげると言われる方は多いです。
ここが難しく、8歳を超えた子は、通常であれば里親を見つけるのは困難を極めますが、数万円でもお金が絡むと、貰いたい(私が飼ってあげる)という人多数です・・・

昔、里親探しのマッチングのシステムを作った時もこれで悩みました・・
じゃーお金の話をせずにもらってくれる人・可愛がってくれる人を見つけて、いい人に決まったら、渡せばいいじゃないか・・となりますが、そうなると見つからないんですよね‥

それと、子犬の時から飼っている飼い主と、新しい飼い主の温度の差・愛情の差 というものが難しく、会いたくても合わせてくれなくなったり、調子が悪そうなのに病院に行ってくれなかったり・・こういった面も出てきます。
実際、里親に出したけど、貰い手の対応に納得できずに、うちで預かることになったケースも何度もあります。
里親さんに、毎月飼育費を渡されていたケースも何度もあります・・

こう書くと、老犬ホームに預けることの方がいいじゃないか!!となってしまいますが、私たちは私たちで、一匹にかける時間がどうしても決まってしまうため、一日中、一匹だけに愛情をかけることはできないというもどかしさがあります。
朝から、みんなのお部屋を掃除して、ドッグランに出したり、わんこ同士で遊ばせたり・・それぞれの子も触ってあげるけど、どうしても数分といったものになります。
ただ、病気等についてはきちんと見ていくのが仕事なので、病気をほったらかしたりという事はありません。

ここが難しいですよね‥

結局、どっちがいいと言えないのがもどかしいところですが、とても難しい問題ですね・

さてさて・・


ユウ君が、今日から完全に立てなくなってしまいました。


昨日くらいまでは、なんとか・・・数歩だけ・・立てていましたが、足に力が入らなくなってきていますね・・


もっくんは、かなり慣れて、みんなと遊ぶようになってきました。


トントンもちょっとずつ本性が見えだして、みんなと仲良くしているのですが、『俺が強いぞー』という威嚇行動をしては、怒られたりしています。

スタッフにさわってもらうのは大好きみたいです。


プリンちゃんは・・床ずれ防止で着ている洋服の首回りが太っていてスレて毛がなくなってきたので、洋服の襟の部分を切って広げました・・
一着15000円もする高級わんこ服にハサミを・・・(貰い物ですが・・・)  こんな値段の服私も持ってなーい


首回りがかなりゆっくりになったので、これで大丈夫かなー


マギーちゃんは、カット前にパチリ・・

カットした後の写真撮り忘れましたw