電話での問い合わせ

Home » 日々の様子 » ハートちゃんの手術とQOL(クオリティオブライフ)という考え方・・・

ハートちゃんの手術とQOL(クオリティオブライフ)という考え方・・・

まずは・・たくさんの方々からのご心配のメール等ありがとうございます。

ほんと、こんなに降るかなーと言うくらい昨日の夜から降り続けました。
土砂災害警戒情報が出たときは、携帯が一斉になってびっくりww

その後避難勧告と・・

初めて尽くしでしたが‼‼ 何事も無くて一安心です。

さて、、昨日のブログでも書きましたが、ハートちゃん、唇にできた骨肉腫の切除がうまくいきました
DSC_0010
↓↓↓ ビフォー ↓↓↓
DSC_0030
DSC_0029
アフター

う~ん きれいになってますね。

完全に腫瘍を切除したわけではなく、切れる部分で切除・縫合なので、状況によってはまた大きくなってくる場合もありますが、ハートちゃんの残されている寿命というものを考えたときに、腫瘍の再発よりも、今楽に過ごせるような選択を考えて切除しました。

これは、人間でも時々話題になる QOL(クオリティオブライフ)の考え方で、わんこになると、わんこのため・飼い主のため等々いろいろな考え方があるので難しい部分もたくさんありますが、

亡くなるまでを楽に過ごせればいいなー

というのが、うちの考え方です。

延命治療とはちょっと違い、腫瘍が無くなれば、匂いや、間違って噛んで血まみれ(ハートちゃんの場合)が無くなることで楽に過ごせる
と言った考え方ですね。

うちでほかにこの考えで病院にかかったりしたのは、片目を摘出したラッキーちゃんや、便が出ない状態を改善したりゅうくん等も同じですね。

どちらも、そのままにしておけば亡くなる上に、かなりの痛みや苦痛を伴う状態で、手術すれば今まで通り過ごせるというのが分かっていたので手術に踏切りました

しっかりご飯食べて、ふっくらな姿になろうねー

P.s ここ最近、新しいわんこの情報が多く、みんなの報告があまりできていなかったので(先日写真が消えたってのもありますが・・)、頑張ってみんなの情報を載せていきますー

Comments are closed.