Q&A

Q&A
 Q. 一頭あたりどれくらいのスペースがあるんですか?
 A.今までたくさんの老犬を見てきましたが、複数で一緒に生活する方が、『痴呆のリスク』や『老化の抑制』につながることが分かってきました。
そのため、ワンちゃんの性格や病気の状態に応じて、複数管理・個別管理を決定しています。
目安として、室内でも10畳ほどのスペースを5~6頭で自由に動き回れるようにしています。喧嘩のリスクや『うちの子がほかの子と仲良くできるかしら?』と思われる飼い主様が多いですが、少しづつ慣れるようにしていきます。
そのほかに、運動場やドッグランがあります。
また、ずっと一頭だけでいるのは寂しいので、予想以上に早く痴呆になることがあります。そうならないためにも、昼間はみんな一緒に運動場やドッグランで過ごすようにしています。
Q. 愛犬が病気になった場合はどうするのですか? また、治療費はどうなるのですか?
A. お預かりしているわんちゃんに病気・怪我が発生した場合は、飼い主様へ連絡するとともに動物病院での診察を行います。
初期治療・診察は初期治療費(お預かり分)で支払いをいたします。継続して治療・入院が必要な場合は飼い主様にご相談・了承の後、治療費を別途ご負担いただきます。
提携の動物病院で見ていただいておりますが、通常の患者様よりかなり安い金額で診察していただいており、治療費が負担にならないよう努力しております。
 Q. 夜間の様子はどうなんでしょうか?
 A.老犬ホーム トップでは、夜間は同敷地内にスタッフが常駐しております。
夜間も見回りのほかに、時間をきめて、トイレの掃除(外に出したり)、自力で食事や保水ができない子には、流動食を与えたりお水を飲ませたりします。
また、具合の悪い子の場合、夜間も定期的に観察しています。
一日の流れはこちら

 

Q. 指定したフードを与えることはできますか?
A. ドッグフードの指定がある場合は、フードを送っていただくかフード代を別途ご負担いただければそのドッグフードを与えることは可能です。
療養食の場合はご相談ください。
 Q. 寝たきりや持病がある子も預かってもらえますか?
 A. 寝たきりや病気のわんこについては、預からない老犬ホームが多いですが、老犬ホームトップではどのような状態の子もお預かりしております。獣医師とも連携していて、医療行為は出来ませんが、適切な手当て等はできるようにしております。

 

Q. 薬やサプリメントを与えることはできますか?
A. 投薬・サプリメントについても薬を送っていただくか、カルテを元に獣医師から処方していただき投薬することも可能です。 その際治療費・薬の代金は別途ご負担いただきます。

 

Q. 会いに行くことは可能ですか? 
A. いつでもお時間の取れるときに会いに来て頂いてかまいません。 事前にご連絡いただければありがたく存じます。

 

Q. 預けた犬の様子を知りたいのですが・・?
A. お預かりしたわんちゃんについては2ヶ月に1度、メールにて写真と現在の状態をお知らせいたします。メールが受け取れない(パソコンが無い・入院中)の場合は手紙にてお送りします。
また、ブログにて日々の日常の様子・運営の風景等を報告しております。
運営ブログ こちらからどうぞ

また、半年に一度、アルバムを作り送っております。

 

Q. わんちゃんの管理はどうなっているの?
A. わんちゃんの管理は1日の流れに沿ってお世話いたします。
冬場については、室内犬・室外犬を問わず暖房を入れた犬舎内で管理いたします。
高齢になり足の悪くなったわんちゃんや寝たきりになったわんちゃんに関しては、介護用マットを使用します。
夜間については犬舎と同じ敷地内に住居があるため、夜の定時点検はもとより、緊急事態が起きた場合でも対応できるような環境を整えております。

 

Q. 足腰が弱っているので床ずれが心配です・・・
A. 床材にクッション性に優れ安全性も高い EVA樹脂を使用しています。傷や汚れにも強く水にぬれても滑りにくいため安全です。衛生面・掃除のことも考えユニット単位で敷き詰めています。
また、床ずれ・持病のある子については深夜の見回りの際、体位の移動等を行います。

 

Q. 今まで部屋を自由にしていたけど夜寝るときはどうなるの?
A. 室内犬については夜間は原則として専用のベッド(ベビーベッドほどの個室)での管理となります。
元気なわんちゃんたちは、基本的に、喧嘩しないグループごとに分け、夜間でも自由に動き回れるようにしております。。

※冬場はそれぞれにヒーターを用意し寒くないようにしております。

 

Q. 現在4歳なのですが、転勤でしばらく飼えなくなってしまいました、長期間預かることはできますか?
A. 1日から長期までお預かりすることが可能です。 長期間のお預かりの場合は年36万円~となります。 1年未満の場合はお問い合わせください。
ペットホテルの料金についてはこちら

 

Q. 入院・転勤などですることになり、愛犬の世話ができなくなったのですが10歳未満の子を預けることはできますか?
A. 10歳未満の子でもお預かりしております。

 

Q. 分割払いはできますか?
A.
分割払い、月払いについては大変申し訳ありませんがお受けしておりません。
理由として、老犬でも元気(自力で歩いたり、きちんとご飯を食べれる)時はいいですが、どうしても歩けなくなってくる時期が訪れます。
歩くことが難しくなってくると、オムツをはいたり、自分で体温管理ができなくなるため、24時間保温をしなければなりません。
同じようにご飯を食べなくなってきたときは、少しでも食べるようなものを作ったりする必要があります

人間の介護と同じように、動けなくなってからがとても人手もお金もかかります。
そのため、年払いで料金を頂き、早く亡くなった場合には、オムツやご飯等でかかった料金・火葬・葬儀の料金等を差し引いて返金するようにしております。(※早期死亡時の返金参照)

Q. 預けた後すぐ亡くなった場合はどうなるのですか??
A. ペットが死亡した場合、お預かりから寝たきりや病気のわんこをお預かりした場合の経費・準備金を計算し、お預かり金額の残額を返金します。