病院へ~~

投稿日: カテゴリー: 日々の様子

わんこを病院に連れていくのは、病気だけではなく、歩き方がおかしかったり、おしっこのにおいが気になるといったちょっとしたことでも行ってます。

今日は

ユウ君とだいちゃんを病院に・・

ユウ君はお預かり時から、どうも歩き方が気になっていたので下半身のチェックがメインです。
前立腺肥大とかを疑っていましたが、圧迫骨折がひどくなり変な状態で癒着しているから歩き方がおかしい状態でした・・
まー治すことは難しいので、これ以上腰が悪くならないように注意しながら、でも運動して筋力もつけていかなければいけないので難しいところです。

つぎに~~

だいちゃん・・だいちゃんも前足をびっこ引くようなしぐさしていたので、肩の脱臼を疑って触ってみましたが問題がなく・・

レントゲン撮って、詳しく様子を見ていくと‥

首から肩にかけてと、腰の部分の背骨がかなり狭窄していることが分かりました。
で、どういうことかというと、首の背骨が間が小さくなりすぎて、手の神経がうまく動かず前足を使わないだろうと‥(いわゆるヘルニアによるしびれが出るのと同じ状態です)
だいちゃんも手術等でどうにかできる状態じゃないので、まずは今の痛みを取るためのお薬+一週間の安静という事になりました。

まー早めに分かったので、しっかり安静にして痛みを取ろうねー


先日めちゃくちゃ寒かった日・・・


氷がやばいw お水入れが鉄製なので凍りやすい状況ではありますが、寒すぎ・


そんな中、クリちゃん元気でこうしてる時はちょっとかわいい

ちょっとおバカだけど愛嬌がある感じが可愛いんですよね。

もうしばらく寒い日が続きそうなので、しっかり防寒対策とろうねー

病院へ~~” への1件のフィードバック

  1. だいは、昨年4月10日後ろ足を引きづり出したのでレントゲンを撮ると背骨の椎間板が狭窄しているとのことでした。
    7年位前に線路脇を散歩中、列車の通過音に驚き後ろ足が完全に麻痺して以来の2度目のことです。
    昨年4月から5月にかけて2週間入院し絶対安静加療して退院後、3週間炎症止めの薬飲んで回復した経緯があります。初診から入院までの10日の間に医師の絶対安静指示を確実に守らなかったことで症状が悪化した苦い反省があります。
    だいの前足の異常を早めに察知し、治療を開始してくださり感謝しております。30日のブログ写真の4枚目に皆が運動場に出てオヤツを待っている中、だいがゲージの中に入っているのを見て何かあったかと心配していました。
    治療のこと、スタッフの皆さんに頼るばかりで心苦しく思いますがよろしくお願いします。
    だいのパパより

コメントは受け付けていません。